精進したい日々



Sunday, 22 March of 2020

Mon Mar 23 20:35:05 2020

[自転車][レース]  大磯クリテリウム

大磯クリテリウム 第6戦にエントリ。2019-2020シーズン 最後の大磯クリテ
昨日は、1 Day キャンプ に参加し、帰宅したあと早々に就寝。 トレーニングの強度もきつくなかったこともあり、トレーニングの悪影響はほとんど ない。
早朝、目覚まし時計より若干早く起床したので、予定通り 食事をしてから、着替えと お風呂の準備を整えて 出発。



到着してから、自転車のセットアップ。昨日のトレーニングでは、狭く感じていたので 出来ることとして、サドルの位置を限界まで下げて調整。 軽く乗ってみて具合がいい。その後受付を済ませて、準備を整えてから コースの 試走。
コースは、やや強めの西風を感じる。バックストレート側では、重いが、ホーム ストレート側では追い風に押されて速度が乗る。これは厳しい展開になるだろうなぁ と考えながら、自転車のポジションにも慣れておく。サドル位置を修正したおかげで 乗りやすいがハンドル幅が広い感じもする。
試走が終わったら、軽く補給を食べたりしながら、時間を待つ。風は強いが、寒い 状況ではない。
レース本番では、さらに西風が強くなっていた。バックストレートで、先頭になると 自転車が進まない。車列は長くなり、みなさん右に右に寄せてくるので、右側のパイロンなどがぎりぎりな位置に。
小田原側のコーナーは単純で 180度折り返すだけだし、すぐに追い風になるので、 比較的簡単についていえるが、課題になるのは平塚側。 平塚側は 直角コーナーの連続、幅が広くなるので、うまくコース取りができずに、 毎回遅れては、後ろにつきなおしてから、小田原側からポジションを戻そうとする動きになって無駄が多い。 まぁ 後ろに下がりたくない気持ちが無駄な動きになってしまっている印象。
最初のころは、バックストレートエンドでは速度がかなり落ちていて 楽な展開の印象だったが、終盤には、ペースもキープされるようになる。とくに最終周では、集団から 千切れてしまい、ひとりになった、と思った途端に、自転車が進まなくなり、半分 折れてしまう。
そんな自分の横を 4人ほどの選手に追い抜かれて、小田原コーナーに突入。 小田原コーナーを抜けてから、さきほど自分を抜いていった選手を 昨日の 1 Day キャンプの最後に練習したスプリントを使って、追い上げる。 目標は ひとりでもいいから、うしろからまくり上げてさすこと。
追い風にのって、とにかくまくり上げて、追いかける。そして最後尾にいた選手が ゴールラインの直前で、まくり上げられているのに気づかれた様子で、 急に加速をはじめるが、時すでに遅し。ほんの一瞬の差で自分が先にゴールラインに 到達。リザルトでも 12ミリ秒前だったので、その通りの結果に。
いやぁ、あの瞬間の差で 自分が勝てたのか、負けたのか わかるのかな? と いつもレース中継を見ながら疑問だったけど、わかるのですねぇ、実感しました。
ともかく、集団より大幅に遅れて 大敗してしまいましたが、最後にスプリントして 油断している相手をさせたのは良かったです。相手が油断していればこそ、差す ことができたのですが....



その後は、友人のレースや エリートのレースを見学してから、帰路に。高速道路は 渋滞しているらしいので、一般道に。一般道は、高速道路みたいに単純な ルートにはならない、時間も(スムーズなときより)余計にかかるけど まぁ 悪くないかな....
そして お風呂で、ひとり反省。また来年に向けての課題などを考える。
お風呂で 反省と 体をほぐしたあとは、食事をしてから帰宅。洗濯機に仕事をさせてから、就寝。


現在、コメントは 受付をしていません
(http://ryuchi.bsddiary.org/diary/index.html/2020/03/22/001.html)



Saturday, 21 March of 2020

Mon Mar 23 19:42:53 2020

[自転車][トレーニング]  1Day キャンプ

スマートコーチングさん主催の 1Day キャンプトレーニングに参加。日帰りなのに トレーニング合宿。
場所は、千葉県方面にある周回コースをメインで。 参加者は実力や目的別に グループ分けされ、それぞれにトレーニングメニューをこなす。
自分は、自転車のスキルが足りないので、セカンド グループにて、集団での 走行をイメージしながらトレーニング。
トレーニングは、レースの中でいかに楽に走り切ったり、まわりの選手と 協調して集団での走行に対するものがメイン。
強度は、強くなく中程度でした。イメージしながら走行なので、一日中の トレーニングだったけど、走行距離は 100kmにも満たない距離だったので、 疲労は少ない。
翌日は、大磯でクリテリウムが予定されているけど、普通に帰宅してから、 充分に睡眠をとれば、問題ないと思われる。


現在、コメントは 受付をしていません
(http://ryuchi.bsddiary.org/diary/index.html/2020/03/21/001.html)



Sunday, 8 March of 2020

Sun Mar 8 19:27:21 2020

[自転車][トレーニング]  登り坂インターバルトレーニング

登り坂が苦手なので、今週も 自宅の近くで開催された OM VELO Coachingさんによる ランド坂ヴィクトリーインターバルトレーニングへ参加。
今日は、朝から雨が降る寒い天候。天気予報は、晴れ、雨、曇りなどがころころ変わり、結局どうなるのかわからない状況だった。直前までは曇りで、雨は大丈夫かな? と思っていたけど外れたようだ。ついでに気温も外れて寒くなっていた。
しかしながら、雨は強くない。寒いけどほとんど風もないので、練習をすることに。

今日は、雨の影響もあってほかの方々がDNS。というわけで今回は 本来はグループレッスンになるのだけど、お得な(?) コーチと一対一のプライベートレッスン状態。

今回の目標も、前半の直線でしっかり出し切って、最後まで登りきること。
先週のトレーニングで、スタートを指摘されていたので、今週はスタートでパンチを意識して、インターバル。
今週は、ひとりなので、インターバルも短くなる。練習中は、呼吸だけでいっぱいで、会話などは全くできないけど、なんとか終了させる。
ログをみたところ 最後は、心拍が最大心拍より少なくなっていたので、どこかに出し切れていない部分がありそうな気もしてきた。(それは どこ??)

今週は、右側が硬い印象が残る。左右のバランスが取れず、左側の動きが右側の硬さに邪魔されて動ききれない印象も残る。ケアが足りないのかも??


現在、コメントは 受付をしていません
(http://ryuchi.bsddiary.org/diary/index.html/2020/03/08/001.html)



Sunday, 1 March of 2020

Sun Mar 1 19:22:12 2020

[自転車][トレーニング]  登り坂インターバルトレーニング



自宅の近くで開催された ランド坂ヴィクトリーインターバルトレーニングへ参加。主催は OM VELO Coachingさん。
今日も、朝から、良い天候で快晴。3月になったからか、寒さは厳しくない。
あと、いつもよりなぜか人通りが少ないような...

目標は、前半の直線でしっかり出し切って、最後まで登りきること。 使うギアの設定は、前回までのトレーニングによって決まっている。前回は、使うギアの設定をどれにするか、数回迷って、少し無駄にした感じがした。
今回は、予め使うギアを決めて参加。というわけで、 フロントは 52T, リアは 25Tの設定にしてスタート。元気なうちは、もう一段だけ上げてもいいかもしれないけど、まぁ 回すにはちょうどいい感じかもしれない。
というわけで、最初は 回せるだけ回して、きつくなってからも回す様にする。 きつくなると、体重がハンドルに移動する。ハンドルに移動すると、体感的には楽になるけど、力を感じられなくなる。
ハンドルに乗せないようにするために支える上半身などの筋力が足りないことも関連して、フォームが取れていない気もする。



トレーニングが終わってから、非公式に 丘の湯のお風呂に。お風呂に入りながら、食事をしながら、自転車周辺のいろいろな話などを...
まぁ このためにも今回は自家用車で参加してよかったです。


現在、コメントは 受付をしていません
(http://ryuchi.bsddiary.org/diary/index.html/2020/03/01/001.html)



Sunday, 23 February of 2020

Sun Feb 23 21:16:13 2020

[自転車][クリテリウム][レース]  大磯クリテリウム 第5戦

大磯クリテリウム 第5戦に参戦
駐車場のオープンは 午前6時過ぎ。これに合わせて到着できるように、午前3時ころに起床。準備と食事を済ませてから 出発。
時間的には余裕があるので、のんびり車を走らせて会場を目指す。そして、目的地近くで、レッグウォーマを忘れてきたことに気付く。しかし、取りに戻る時間は全くないので、諦めることにする。
とはいえ、20分ほど早かったので、近所のコンビニエンスで買い物をして時間をつぶしてから、会場入り。

会場に到着してから、様子をみながら、受付開始を待つ。受付の準備が出来た様子がみえたので、受付を済ませて、自転車を準備。
そして、試走の時間になったので試走を開始。今日は天気が良く 風はまだ少し冷たいが、寒くはない感じ。風向はほとんど西の風。風がいつもの逆な雰囲気。 そして、適当に試しながら試走を終了させる。

その後、検車と出走サインを終わらせて、持ち込んだローラーを使ってアップを行う。アップをしておくことで、夏の服装でも寒くはなかったのは、良かったかも。

レースは、1周のローリングのあとスタート。
レースは終始 集団の後方に位置してしまう、前に上がろうとしたのだが、バックストレート側では風に押され、ホームストレートでは、周りと同じペースのままで、なかなか前に出れず、なかなか行きたい場所に行けない展開で続く。
ウェアは、夏仕様だったけど、事前にアップもしていたし、気温も上昇してきたので、特に問題なしだった。
課題としていた立ち上がりは、トレーニングの内容を意識して、いままでのような遅れはなかった気がする。 そのあとの追従がうまくいかなかった印象。
また、肩のまわりが固かったり、無駄な力で動きが鈍い気もした。ペダルの踏み込みは、もっと深く踏み込みたいが、浅くなっているようだ。 体幹が支えきれていないのだろうか?
そして、集団の最後尾まで下がってしまい、最後のスプリントでも追いつくことができないまま トップより 5秒強も遅れて集団最後尾で終了。
あと 5秒ほどなので、もっと前に行けるだろうと思うけど、たったの 5秒でもいろいろとたくさん課題が残っていそうだ。先は長そう....



その後、ほかのメンバーのレースを見学したり、しながら最後まで見学。
一通り レースが終了してから、帰路へ。 その途中、というか 遠回りして、お風呂に。自宅の風呂より、のんびりできるし、サウナもある。
のんびり湯につかりながら、ひとり反省会。 その後、食事処で、夕食。
ここでも のんびり ひとり反省会を続ける。
最後に、帰宅後、洗濯機に仕事をさせて、今日は 終わりかな....


現在、コメントは 受付をしていません
(http://ryuchi.bsddiary.org/diary/index.html/2020/02/23/001.html)



Tuesday, 11 February of 2020

Wed Feb 12 18:21:14 2020

[自転車][トレーニング]  西伊豆走行会

西伊豆での自転車走行会に誘って頂いたので、思い切って参加してきました。 なんだかみなさん、強そう、速そうで、追いていけなくなりそうで、 心配でしたが...



当日は、朝が早いので、前日のうちに自転車を積み込んでおくなど、出来るだけの準備をしておき、目覚ましともに着替えて自宅を出発。
現地の近くでは、車の車外温度計が -1度。たしか天気予報での最低気温は、+1度だったはずなのに。予想以上に寒そうです。



集合場所には、余裕をもって無事に到着。というわけで自転車も準備する。外はやはり寒い。





集合場所。天気は快晴でことあと気温はあがりそうな、感じ。



まわりを見渡し、ふと気が付くと めんたいパークが隣に...



そして、参加者がそろって記念撮影をしたり、自己紹介をしたり...





西伊豆走行会がスタートして、順調に県道を走行。最初のころはゆるやかで、だんたんとアップ・ダウンの繰り返しに。
途中の出会い岬という場所で、小休憩。ここまで約30km程度。
すぐ近くを航空機が飛んでいたのですが、トイレに行っている間に通過してしまい、社員を撮れずに残念。でも、富士山はきれいに見えました。



途中のコンビニエンスストアで、軽く補給、休憩。エナジー補給は RedBull の一択。ということで....
さらに、約20kmほど走行して、松崎町まで来て、ここでもコンビニエンスストアで、補給。今日は、ここで折り返すことに。
帰りのルートは、同じ道を折り返すルートか、それとも山を越えて行くルートか? という選択で、山を越えて行くルートに決定。



ここで、標高約900mの峠を目指して登る。登りは各自のペースで。 で、登りが始まった時点で、早々に 5名の先頭集団から切れて 遅れて登る。途中までは、もう一人のかたと同じくらいのペースで登れたが、残り 1/3くらいの時点で遅れはじめ、一人で淡々と登る。途中、傾斜が緩い場所が 1km弱続いたところで、急速回復。再び傾斜が出た 最初だけはいいペースで登るが、すぐに遅くなる。
そんな感じで なんとか西天城高原という場所までは登った。



峠のゴールは その先にあった仁科峠。あまり距離はなかったし、西天城高原の交差点のところで回復できたので、なんとか登れた。

その後は、基本下りのコース。まぁ 途中、小さい登りはあるけど、短い。 ただ、一度、のんびりしていたら、ギアを落とすのが遅れて、踏めなくなって立ち止まり。
ペダルをはめなおして、追いかけるが、全く追いつく気配なし。単独で追いかけるのもきつかった。
帰りも、途中のコンビニで補給して、出発点を目指して走行。遠くにめんたいパークのオブジェが見えて、戻ってこれたことを実感したり... しながら 本当にゴール。
今回はサイコンの記録では 約140km, 獲得標高 2000m強. 消費カロリー 2,900kcal程度、という状況だった。



そして、となりには 伊豆わさびミュージアムというのがあったので、見学してきた。けど、ほとんど営業終了時間だったので、(以下略



せっかくなので、わさびソフトクリーム。わさびの香りがして、おいしかった。



帰りは、予定通り、足柄SA に立ち寄って、まずは温泉。もちろん、これにあわせて着替えなどもちゃんと準備してきました。
JAFの会員は割引があるらしく、割引料金で利用しました。



さらに、途中で食事も。アジのフライ定食。
お風呂と食事でリラックスできても、疲れは すぐには抜けないので、途中で仮眠をおりまぜながらゆっくり無事に帰宅。

ひとりでは走らない強度、追い込んだ走行になって、いい練習になったと思います。 きつい走行でも、グループでは楽しいし、なぜか出来てしまうようです。
いまの自分には 実走が圧倒的に足りていないので、この走行会もいいタイミングでした。 ペースキープもうまく出来ていなくて、無駄にパワーを出したり。ローラーでの練習では できない練習ですね、
ローラーで高負荷状態と、実走の高負荷では、やはり違ってしまいますから 長い登りも必要ですね。実際に長い坂を登らないと練習にはならないので、出掛けていく必要があります。
そのほか、平坦な走行でも、ポジションの確認、重心の意識、股関節や肩甲骨、広背筋など、意識しながら、練習になりました。
意識することがたくさん、そして疲労してくると、ぐだぐだになるので、それを戻すのも大変でした。まぁ 出来てないことがまだまだたくさん...
まわりのメンバーの走力には 及ばないけど、機会をとらえて、練習していきたいですねぇ...


現在、コメントは 受付をしていません
(http://ryuchi.bsddiary.org/diary/index.html/2020/02/11/001.html)



Monday, 10 February of 2020

Mon Feb 10 19:23:07 2020

[個人輸入]  個人輸入



シーズンオフ・セールが実施されていて、既にシーズンが終わったものがいろいろと安くなっていたので、なんとなく、ふらふらと注文。
配達には まぁ だいたい10日前後かかるだろうから、10日前後かかれば、なんとなくちょうどいいタイミングになる、と思って注文。しかし、あっという間に到着した。まぁ 早くて困ることは、まったくないので。

ところで、この荷物、EU圏内(細かくいうとドイツ) から、空輸されてきたのだが、運送会社の集配センターは 深センにあって、貨物のハブになっているらしい。 そのため、貨物は中国を経由して配達されてくる。
ふと、心配になったのが コロナウィルスによって中国本土を 発着する荷物に遅延が発生している状況。 これは 経由便なので、影響を受けないはず... だが、ちょっと心配になり、荷物のトラッキング情報をおいかける。
結果、何事もなく、無事に深センを経由したあと、日本に到着。無事に配達されてきました。
あと、個人輸入だと 約16,666円以下だと、消費税が課税されないので、消費税も掛からずに輸入できたようです。


現在、コメントは 受付をしていません
(http://ryuchi.bsddiary.org/diary/index.html/2020/02/10/001.html)




2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 [8月] [9月] 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]
2009年 [1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]
2010年 [1月] [2月] 3月 [4月] 5月 [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]
2011年 [1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 [4月] [5月] 6月 [7月] [8月] 9月 10月 [11月] [12月]
2013年 [1月] 2月 3月 [4月] [5月] 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 [9月] [10月] [11月] 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 [3月] [4月] 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 [1月] [2月] [3月] 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


このページは、りゅうち が編集・掲示しています。 メール等は ryuchi [ @ ] ryuchi.org までお願いします (ISO-2022-JP で plain text形式)

この日記のトップは http://ryuchi.bsddiary.org/diary/です。

  • 更新情報は ヘッダにある Last-Modified: とRSS 1.0 (RDF)が利用できます。
  • エントリの内容と無関係であると判断したコメントは 当方で削除します。
RSS 1.0



旧形式 1:
1999年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2000年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

旧形式 2:
2000年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月


(c) 2008 - 2010 by T.Ryuchi